植物を買う前に考える3つの「余裕」。余裕がないから植物が売れない。

前回は植物を買う動機となることを「内的要因(ソフト面)」から考えてみました

今度は「外的要因(ハード面)」から探ってみます。

植物を買うときに考える「3つの余裕」

植物を買う前に消費者の誰しもが考えることあります。
端的に挙げれば、

  • ちゃんと育てられるのか?
  • 植物の置き場所はあるか?
  • そもそも植物を買えるのか?

の3つが頭をよぎります。
けれど、植物を売る側の生産者や販売者には、この3つのポイントがあまり考慮されていないように思うのです。
それはなぜか。
答えは単純明快。
今までは考慮せずとも売れたから。
そして、いまでもそれなりに売れるから。

けれど時代は高度な情報社会
且つ、年々深刻度合いを増す、高齢社会です。
財布にテレホンカードを入れていなくても事を欠かないように、今までの常識が崩れ去ることはザラにあるのです。

そのなかで、園芸シーンを語るうえで、頭の片隅に置いておくべきポイントがあることに気が付きました。
それが、

  1. 時間的余裕
  2. 空間的余裕
  3. 経済的余裕

の3点。
上記に挙げた「消費者の頭によぎること」とはつまり、消費者の裏側に植物を買わない事情が潜んでいるから。
さらに、この3点を軸に考えれば「いままで消費者の生活を念頭に置かずにも商品が売れた理由」も理解できます。

① 時間的余裕

はじめに植物を育てる「時間的な余裕」が減ってきています。

男性も女性も個々でみれば労働日数の推移は減っています
仕事をする時間が減っているということです。

年間総実労働時間は1970年度は2,200時間を超えていたが、1991年度は2,008時間、2001年度は1,843時間である。
https://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h14/H14/html/E1022311.html

ただし、現代は夫婦共働きの生活が一般化していることから、世帯全体における余暇の時間は減少傾向なのではないかと僕はみています。

I-3-4図 共働き等世帯数の推移
男女共同参画白書(概要版) 平成30年版 | 内閣府男女共同参画局

つまり家庭内に置かれるであろう園芸植物のメンテナンスを行う時間が総合的に減っているのだろう、と…。
男性が仕事に出ていても、妻が家事を担っている場合、誰かしら住まいに滞在している時間が増える。
労働時間の表は「労働している人」から算出した時間であって、労働の如く家事をこなす人たちは、この中には含まれていません。
当たり前ですが…。

鉢物でも、切り花でも、ガーデニング植物でも、基本的には居住する「住まい」の周辺に存在するもので、住まいに滞在する時間が短くなればなるほど、それに関連する商品は売れなくなる
且つ、音楽や映画・ドラマなどのサブスクリプションの普及や、さまざまなレジャー・イベントなどで余暇に行う事柄も多様化しています。

ゆえに考慮しなくてはならないのは、いかに短時間で植物とのコミュニケーションを図れるかということ。
いうなれば「低メンテナンス」で、一定の栽培成果が得られるかどうか
水やりが多く必要だったり、剪定の必要性が高い植物など、管理が煩雑な植物は今後、受け入れられなくなるでしょう。
余暇の少ない消費者にとって、手のかからない植物の需要が高まると考えています。
また、手が掛かっても植物が返してくれるパフォーマンス(栽培成果)の高い品種も、SNSなどの口コミで人気を呼ぶだろうとも思います。

② 空間的余裕

このブログでも何度か書いていますが、住居周辺における植物栽培が可能なスペースが減少しています
庭をはじめ、ベランダ、出窓、室内の窓辺など…。
その要因には、居住空間の省エネ化推進であったり、生活環境の利便性を確保するためにあえて狭小な居住地を選ぶことにあったり…。

詳しくは以下の記事に書いています。

当たり前のハナシですが、置けない植物を誰も買いやしません
植える場所のない植物も店頭でスルーされます。
だからこそ、消費者は買ってからどこにその植物を置くのか。
あるいは置いた後、どのようにディスプレイし、どう管理するかを、生産者は考慮する必要があるのです。

③ 経済的余裕

この記事でいちばん書きたかったこと。
それは、経済的余裕がないからこそ、無為に植物を買えないフェーズにあるということ。
すなわち消費者が、吟味厳選して植物を購入せざるを得ないとうこと。

どういうことか。

総務省の調査では「園芸品・同用品」の支出金額は1999年のピーク以降、下落しているのだそうです[*01]。
この表をみて考えたとき、単純なハナシ、所得金額に比例しているのだと思ったのです。

図表2-1-1 1世帯当たり平均総所得金額の年次推移
図表2-1-1 1世帯当たり平均総所得金額の年次推移|平成29年版厚生労働白書 -社会保障と経済成長-|厚生労働省

1990年の「花博」のきっかけで、花の消費拡大がこれらのピークを生んだという意見もあるし、支出金額の上下の意味を理由付けする要因はいくらでもある。
…のですが、園芸という趣味の消費が活発化しないのは、そもそも消費者の経済的な余力がない、可処分所得の増減に比例しているのでは?

統計局ホームページ/統計Today No.129

全体的に家計のなかで使えるお金が減ってきているのなら、趣味に使うお金が減るのは当然のこと。
ゆえに一般的な消費者が考えることは、

  • 植物を買わない
  • 植物を買ってもコストパフォーマンスの高いもの

のどちらかを選ぶことが基本となる。

そして「コストパフォーマンスの高い植物」というのは、

  • より安い金額で手に入るもの
  • 観賞期間が長いもの
  • 交換価値を有するもの

を言うと僕は考えています。

より安い金額で手に入るもの

植物をどれだけ安く手に入れるかどうかは、資本主義社会なら当然、消費のタイミングでポイントとなるべきもの。
当たり前すぎるのでここでは説明しません。

観賞期間が長いもの

「観賞期間が長い」というのは、花の咲く期間が長いということもさることながら、何年にもわたってその植物の生長をたのしめるかどうか
つまり、生活空間の身近にあっても苦にならない植物のことを差します。

長く観賞に耐えることができる(耐用年数が長い)植物であれば、費用対効果が高い
それは結果として「より安い金額で手に入るもの」に部類されるのです。
10,000円の植物を5年楽しんだら、年換算で2,000円。
3,000円で買ったものが数カ月で枯れてしまったら、5年楽しめる植物よりも費用対効果は悪い
よって、1年も経たずに枯れてしまうもの、単に装飾として用いられるようなコストパフォーマンスが悪い印象を受ける植物は、忌避される傾向にあります。

交換価値を有するもの

また「交換価値を有するもの」というのは、フリマアプリなどの出現によって、植物の価値を高いままに対価を得て譲渡することができるかどうか
ここに関しても、このブログで2回、記事にしています。

長くなってしまうので、過去記事をご覧ください。

「コーデックス(塊根植物)」 は好例

たとえば、昨今の「コーデックス(塊根植物)」ブームはまさしく「コストパフォーマンスに優れた植物」であるといえます。
また、長期間にわたって自分なりのフォルムや満足のいく大きさに育て上げることがブームの柱になっています。
そこに前回の記事に書いた「内的要因」が付加された結果、高価格帯であっても購入者が現れるのです。
そして「交換価値」も生まれる。

経済的な余力が減少しているからこそ考えるべきことは、すぐに使えなくなる植物を消費者に投げ売りしていないか?
あるいは、適切な栽培方法を消費者に伝えられているか?
さらには、その価値を高められずにいたり、交換に耐えられる仕様になっているか?
など、こちらも考慮すべき点が様々にあるはずです。

天下一植物界の衝撃

大量に生産される植物にも「価値」はある!?

僕がここまで考えるに至ったきっかけは、天下一植物界に足を運んだこと。
さらにはそこに寄せられたコメントの意図を考えたから。

たぶん、フツーに園芸業界で働き、フツーに旧態然とした業界関係者の人たちだけど接していたら、こうは考えが及ばなかった
あの会場に行き、シームレスな植物群を目の当たりにしたとき、園芸業界の「いま」と「これから」に必要なことがうすぼんやりと頭の中に浮かんできたのです。
その後、いろいろとこのブログやnoteに駄文をぶちまけ、整理する中で3つの「余裕」が必要なのだと結論に至りました。

それでもやっぱり、当たり前なこと

示した論拠に整合性がなかったり、異論をお持ちの方もあるかと思います。
けれど3つの余裕を読み返せば、ただただ「当たり前なこと」を述べているだけで、空気がなければ人は死ぬのと同意。
そのくらい当たり前なことを念頭に置いてはじめて、「消費者マインド」の数パーセントを理解できるのではありませんか。

ジャンルの垣根を超えた新しいムーブメントがそこに起きているのに、売る側と買う側の乖離が激しく大きい。
僕はそこに恐怖すら感じます。

この記事で問いたかったのは、植物を作るとき、川下の買う人のことまで考えられているかどうか…ということなのです。

  1. 参照:園芸品・同用品支出金額推移 | 株式会社大田花き花の生活研究所 []

この記事を書いた人

mokutaro

植物好きが高じ鉢物業界に飛び込んだアラサー男子。群馬県に移住し、毎日、食べ(られ)ない嗜好性の強い植物とまみれています。 園芸を考えるブログ「ボタニカログ」を運営中。

『趣味の園芸』6月号に載ってます

『趣味の園芸』2020年6月号の「ディーププランツ入門」のコーナーに取り上げていただきました!

趣味の園芸でアドロミスクス!?

ベンケイソウ科多肉植物の一種である「アドロミスクス」は僕が園芸にのめり込むことになったキッカケの植物。
その当時起こったこと、改めて考えたことなどをまとめてみました。