あけおめ2015年!いま欲しい植物と、今年挑戦したい事柄を挙げてみる。

明けましておめでとうございます。

sinnen.jpg

新しい年が始まったこのとき、さて何を書こうかな?と考えたところ、いいアイディアを思いつきました。

新年らしいアイディアを思いつく

僕はいままで、いくつもの植物を集め、それ以上にいくつもの植物を手に入れることができませんでした。意外とこの悔しさって誰にでもあるし、忘れがたいもの。ならばこの悔しさをバネにすることはできないだろうか。

また、欲しかった植物を手に入れることができたときの喜び。これは、時が過ぎれば薄れてしまうものです。ならば記録し、ポジティブな気持ちを記録・共有できないだろうか。

ということで今日。ここに欲しい植物を羅列し、今年の年末、しかも大晦日にどのくらいGETできたのか(できなかったのか)を、あ~だこ~だ評する…。この企画は自分しか面白くないけれど、それでいいような気もします(*01)

ではでは。新年の計は元旦にあり!ということで、僕の欲しい植物をつらつらと挙げて参ります。

2015年!欲しい植物リスト

斑入りゴムの木

IMG_2284.jpg

もう、ずっと欲しい植物。何度も何度も購入する機会があったのですが、いつも買わなかった。今年こそは!

セネキオバリー

IMG_2722.JPG

秋の「サボテン・多肉植物ビッグバザール」で見つけたもの。葉の艶感と葉脈の面白さに惚れる。が、少しお高め。

大きなネギ坊主

DSC_9603.JPG

小田原のフラワーガーデンで目撃した、奇妙な植物。その名も「アリウム・グローブマスター」。昨年の春、球根を貰えるイベントがありましたが仕事で行けなかった(泣)。

斑入りの金のなる木ゴーラム

DSC_0951.JPG

ビッグホーンなる黄金のゴーラム(*02)は持っているのですが、純粋に白と緑のゴーラムが欲しい。

ホヤ(ねじれた葉のやつ)

large_3955737393.jpg

photo credit: quinn.anya via photopin cc

花屋や園芸店で売られているホヤは栽培経験があるのですが、いまは葉のねじれたホヤが気になります。あと、花も咲かせたことがないので、可憐な花にも出会いたい!

サンセベリア

large_5635759901.jpg

photo credit: marissa via photopin cc

いつか記事にしようと考えているのですが、インテリアグリーンに「トラノオ」を使用している方が多いような気がします。しかも、それほど明るくもない部屋で…。それならば、実際に僕の(暗い)部屋に置いて育ててみたいのです…。

スノーサンゴ

以前、記事にした通りです。次に見かけたらまた鉢の前で延々と悩んで、その後に購入を考えます(笑)。

葉の美しい花キリン

先日行った「カクタス広瀬」さんでも、斑の入りが美しい花キリンを見つけました。それがいま、ちょっと気になるのです…。

葉の美しいアグラオネマ

medium_8550550078.jpg

photo credit: isforinsects via photopin cc

アクアリウム界隈で、数年前から流行っているようです。しかも、迷彩柄のようなハッキリとした3色のアグラオネマが…(*03)

これまた気になるのです。

2015年に挑戦したいこと

上記に挙げたのは、「欲しい植物」であって、手に入らなかったり、その植物と関わりが無くても「まぁいいかな?」と思うもの。

次に挙げるのは、この2015年中に何らかの形でなるべく挑戦・関わりが持てるようにしたい植物たちです。

水草

陸にある植物ばかりに目が行ってしまって、「水草」の魅力にまで思いを馳せられていないのでは?と思うのです。水草だってへんなフォルムや生態も多いはず。

デリケートなうえに、熱帯魚のバーターとして扱われる、ちょっと気難しい存在。今年は広く浅く入り込んで行こうかと計画中です。どうなることやら…。

藻類系植物

こちらは「水草」とかではありません。ワカメとか昆布のような、藻類を思わせる形をした植物を探してみたいのです。たとえば、「フィッシュボーンカクタス」とか(*04)

盆栽

large_4549203663.jpg

photo credit: quinn.anya via photopin cc

盆栽をはじめたい理由はシンプル。それは、盆栽についてもっと知りたいから。要は育てながら勉強したいのです。

カランコエの開花処理

DSC_3663.jpg

植物はかなり正確に日照時間を計っているのだと、最近知りました(*05)。そしてカランコエも日照時間の差によって花を咲かせるそう(*06)。ならば、花屋で売られているように、満開にできるのだろうか…。

花が終わって葉が茂るだけのカランコエをもう一度咲かせたい!と思う人は、僕以外にも沢山いるはず。ぜひとも挑戦したいことのひとつです。

もっと植物を観察し、触れ合う!

最終的にはコレです。もっと観察して、もっと触れ合う。そして、もっと植物のウンチクをいろんな方へ語ります!ウザがられようが、飽きられようが、植物仲間を増やしていくためには、これがいちばん効果的ですからね!

ということで、2015年もまた、ボタニカログと杢太郎をよろしくお願いします。

この記事の脚注

  1. だってこのブログは筆者の備忘録的な面もありますから!「ブログを書く目的」参照→(http://botanicalog.net/about) []
  2. 写真参照 []
  3. pictum tricolorと呼ばれるみたい []
  4. 先日購入した「冬もみじ」なんかも、藻類系プランツに分類しても問題はないですよね []
  5. しかも15分間単位で! []
  6. 短日処理 []
スポンサーリンク