2014年11月9日!秋のサボテン・多肉植物ビッグバザールに行ってきました。

前回同様、友人と参加してきました!今回の「秋のサボテン・多肉植物ビッグバザール」は、他のブログなどでも散々言われてるとおり、暑かった…。

肌寒い午前10時。ビッグバザール会場から熱気が漂う…。

どのくらい暑かったのかといえば、会場入口10メートル先からすでにモワァ~っと熱気が漂うくらい…。

20141109-1.jpg

サボテンや多肉植物を愛するがゆえに…

何故か。ここに集う彼らは日本中、いや世界中から「ちょっと気味の悪い植物」を求めやってきた、謂わばプラントハンター。ここで出会った植物に興奮を覚え、発汗し、ただでさえ「熱」に浮かされている身体で会場内を物色するのです。誰かが「この暑さは何だろう?情熱かな?ハハッ!」なんてカッコのいいことを言っていましたが、まさに妥当な表現だと思います。

20141109-2.jpg

そうです。だからこそ、暑い!狭い!息苦しい!!なんて言えません。だって、僕も熱気を発している張本人なのですから。ただ、これだけは言いたい。暑いし狭いし息苦しかった(笑)。

とはいえ、都内で年に何度もこれほどのイベントを行うのは大変だろうし、これまでに何度もこのイベントから恩恵を受けてきました。文句は言えません(*01)

ビッグバザール会場レポート

今回のビッグバザール参加の意義は…。

さて、毎度テーマを決めて参加しているのですが、今回は至ってシンプル。「白樺キリンを買うこと」(*02)。結論から書いてしまえば、白樺キリンは無事、ゲットすることができました(*03)

早々に目的を無くしたので、それならと会場で気になった植物をチェックすることにしました。

ブルゲリとアドロと…。ルチアさんブース

まずはこれ。

IMG_2715.JPG

ルチアさんブースでみかけた植物。友人曰く、栽培が難しいというブルゲリです。とはいえ、何と言っても美しいフォルムと透明な窓をつけたその姿は、まるで宝石。値段も宝石というにふさわしい。僕には到底、手の届かないものだし、管理もできないだろうし。眩しすぎるコーナーから指をくわえて視線を移すと…。

IMG_2713.JPG

アドロミスクスです。僕はアドロミスクスがいちばん好き。アドロを愛好する人が少ないので、こうして、いつも大量に置いてくれるルチアさんが非常にありがたい(*04)。もっと愛好家が増えてほしい!

それと、もうひとつ気になったのがこれ。

IMG_2722.JPG

ルチアさんブースの端っこにあった、バリーというセネシオの植物(*05)。惹かれたわけは葉の質感です。いかにも水を弾きそうな光沢感と、鮮やかなフレッシュグリーンが相まって艶やかに。

絶対買うわ!と数分間迷いましたが、今月の懐事情から断念。次回まで「バリー貯金」して、在庫があったら購入しよう!

感染する「トウダイグサ熱」

そして今回、「白樺キリン」を購入したブース。

IMG_2721.JPG

あいにく、店舗様の名前が分からなかった(スミマセン!)ので、書くことができませんが、ユーフォルビアがいっぱいです。しかも激安!

良く考えれば、数ヶ月前は見向きもしなかったユーフォルビアが、現在はこのうち3種類をコンプリートしています(*06)。徐々にトウダイグサ熱が悪化中。よくも感染(うつ)してくれたわ!と友人に言いたい(笑)。

プニプニでカラフル!錦玉園さんブース

それからお馴染みの錦玉園さん。いつもは多肉女子の壁に阻まれて、ブースに何があるのか分からない状態(笑)ですが、今回は粘りに粘って、やっとこさブースを眺めることができました。

IMG_2733.JPG

おぉ~!プニプニ多肉がいっぱい。若干エケベリアが多めかな?で、よくみるとアドロもある!

IMG_2734.JPG

今度、ぜひハウスのほうにもお邪魔したいお店です。

次回のお知らせ等を発見!

それと、国際多肉植物協会さんのブースにこんなものが…。すでにHPにも同等のものが掲載されています。

CCF20141112どうやら、次回の開催も決まっているようです。今度の「春のビッグバザール」は2015年3月8日(日)、「夏のビッグバザール」は同6月7日(日)に開催するそう(*07)。いまのうちにスケジュールに記入しておこう。

レポートのおわりに…。

他にも、さまざまなブースをまわりました。僕の記憶からすると、店舗数や商品数は過去最多だったのではないでしょうか(*08)。口幅ったく言えば、この「サボテン・多肉植物ビッグバザール」は、日本の多肉界における中心的なイベントであると言っても過言ではないと思います。

IMG_2711.JPG

確かに参加者が増えたことで生じるデメリットもありますが、そんなイベントに自分も参加できるのが、まずは嬉しい。幸いなことに、関東圏に住む僕は簡単に足を運ぶことができます。が、時間や交通費の問題から、来たくても来れない人のことを考えれば、初期のころから毎回出られているのは幸せなこと。

これからもできる限り参加したいです!

この記事の脚注

  1. 多肉ブームが起こった数年前からそれは起こっていることだし、むしろ混雑するからこそ、ファンも増え、店も増え、ゆえに関係する書籍の出版も増えて、多肉ファンを取り巻く環境はグッと良くなった。このイベントがあるからこそ、こうして多肉を趣味としていけるわけで、感謝しなければ。…と僕は思います []
  2. 前回のビッグバザールの記事にも書いたように、友人が多肉植物にハマってしまい、バリエーションの豊富なユーフォルビアに魅力を感じるのだそう。そして、彼の語るその魅力に感化され、ついに僕も欲しくなった…というのがテーマ設定の理由です。単純です []
  3. これについては次回の投稿で詳しく書きます []
  4. さらに書けば、ルチアさんの通販ページはアドロミスクスだけの販売ページがある!(http://www.taniku.com/product-list/8)時期になると大量にアップされますよ! []
  5. Senecio ballyi []
  6. 左のドラゴンボールと峨眉山、そして今回購入した白樺キリン []
  7. ただし、今回の開催も告知してあった日程と変わっていたので、近くなったら各自確認したほうがいいですよ! []
  8. 会場が若干狭かったので、そう感じるというのも否めませんが… []
スポンサーリンク