2016年のはじめに挙げた「欲しい植物リスト」。現状を振り返ってみます。

今年ももうすぐ終わりです。あっという間です。

毎年年始に「欲しい植物」をピックアップし、年末にゲットすることができたかどうかを記録しては振り返る記事を投稿しています。自己満足の企画ですが、植物を趣味とする者にとっては結構重要な機会です。

年の初めに羅列した欲しい植物は手に入れられたのか?

企画趣旨

はじめた理由は2015年の投稿に書きました。以下をお読みください。

新年らしいアイディアを思いつく

僕はいままで、いくつもの植物を集め、それ以上にいくつもの植物を手に入れることができませんでした。意外とこの悔しさって誰にでもあるし、忘れがたいもの。ならばこの悔しさをバネにすることはできないだろうか。

また、欲しかった植物を手に入れることができたときの喜び。これは、時が過ぎれば薄れてしまうものです。ならば記録し、ポジティブな気持ちを記録・共有できないだろうか。

ということで今日。ここに欲しい植物を羅列し、今年の年末、しかも大晦日にどのくらいGETできたのか(できなかったのか)を、あ~だこ~だ評する…。この企画は自分しか面白くないけれど、それでいいような気もします(*01)

引用元:あけおめ2015年!いま欲しい植物と、今年挑戦したい事柄を挙げてみる。 | ボタニカログ

ということで、今年も振り返ってみましょう!

1月に挙げた欲しい植物リスト

大きなネギ坊主←GETならず

DSC_9603.JPG

小田原のフラワーガーデンで目撃した、奇妙な植物。その名も「アリウム・グローブマスター」。振り返れば毎回「欲しい」と挙げているのですが、今年も手に入れられず…。

恐らく、来年も「欲しい植物」候補に入れる予定です…(笑)。

ホヤ(ねじれた葉のやつ)←GETならず

large_3955737393.jpg

photo credit: quinn.anya via photopin cc

欲しいのは、ねじれた葉の「ホヤ」。

たびたび、蘭関係のイベントで見かけます。ただ、虫がついていたり、形が悪かったりと、なかなか手を出せない。もっとも最近は、普通のホヤ(サクララン)でも面白そうだなぁ…と思っている次第です。

葉の美しい花キリン←GETならず

こちらも長らく欲しい欲しいと騒いでいる植物。緑と白の斑が入ったハナキリン。白樺キリンではありませんヨ!「カクタス広瀬」さんで目撃して以来、心を奪われたままなのです。

今年は出会わず、当然購入する機会もなく…。来年に期待です。

葉の美しいアグラオネマ←GET!?

medium_8550550078.jpg

photo credit: isforinsects via photopin cc

まるで迷彩色のようなアグラオネマ。こちらは欲しいのではなく、情報を集めたい…。と、年の初めに書きましたが、ちょうど先日、長谷圭祐さんの著書が発行されました。

同じ時期に発行された龍胆寺雄さんの文庫本と一緒に自分へのクリスマスプレゼント♡です。植物はゲットできていませんが、望みは叶いました!

コンニャク←GETならず

結論から言えば、コンニャクを栽培するまでには、まだ至っていません。

けれど、情報を集めたり、コンニャクの実物をみれたりと、着々と近づきつつあります。

コンニャクがまさかの投機商品に!?知れば知るほど奇妙な植物なんだなぁ…。

2016.09.25

来年こそは!

カッコいい青い朝顔←GET!

入谷の朝顔まつり」で見つけた「咲き分け朝顔」。純白・真青・まだら青など、1鉢でいろいろなバリエーションを愉しむことができるのです。

写真-2015-07-08-7-17-22

手に入れることができました!

『咲き分けの朝顔』が届いた!今年はアサガオを地植えで育ててみようと思う!!

2016.07.21

他の朝顔は枯れてしまうような時期にまで元気に花を咲かせていてビックリ。思いのほか種も採れ、来年もまた楽しむことができたら…!

アデニウム←GET!

今年、アデニウムがふんわりとヒットするだろうと考えていましたが、あまり流行らなかったです。

ただ、個人的にはヒットし、いくつかの株を購入してしまいました。生長速度はゆっくりですが、どのように育つのかワクワクしているところです。

ビカクシダ←GET!

友人のチョイスで買いました!

ビカクシダを買いました!鉢植えのまま?板に着ける?それとも…??

2016.03.28

はじめはそれほど大きくなかったのですが、この夏、日を追うごとに大きくなり、いまやちょっと風が吹くと、鉢が倒れてしまうくらい…。

春になったら、もっと管理のしやすいように仕立て直そうと思います。

ヒョウタン←GET!

ヒョウタンを育てるのではなく、ヒョウタン製の何か(*02)が欲しい。これまた年初めに書いていました。そしてその通り、ヒョウタン製のキーホルダーをゲットしました!

ヒョウタンは自然に造られた容器であり、捨てても土に還る…。エコです。もう少し注目されてもいいのではないかと思います。

やっぱり、やっぱり!植物との出会いは『一期一会』

植物を育てるための勉強

振り返ってみると、ずっと手に入れることのできない植物は、その植物との出会いがないため。きっと、「これは!?」と思う植物に会ったら買っています。そう考えると、植物との出会いはやっぱり一期一会です。

ただ、なるべく枯らさないように準備をする必要もあります。ピンとくるものがあったから買った→枯らしたでは、植物がかわいそう。

植物を購入するということは、植物を育てるための情報もセットでなければ。という僕も、今年はだいぶ植物を枯らしました。まだまだ勉強が足りません。

来年はもっと、知識を深められる年でありたいです…。

この記事の脚注

  1. だってこのブログは筆者の備忘録的な面もありますから!「ブログを書く目的」参照→(http://botanicalog.net/about) []
  2. 出来ればヒョウタンの形を保った、中が空のそのままの瓢箪が欲しいのです。記事中の写真のようなものです []
スポンサーリンク