2014年!秋のサボテン・多肉植物ビッグバザールで購入したもの

前回の記事の続編です。

今回のビッグバザールで購入したもの

情熱という名の熱気にまみれ、2014年秋のサボテン・多肉植物ビッグバザールで購入したもの…。

20141109-3.jpg

意識すると離れてしまう…「白樺キリン」

前回の記事にも書いたように、ひとつは「白樺キリン」です。

IMG_2786.JPG

この白樺キリン、実はずっと欲しかった。理由は2つ。ひとつはユーフォルビア好きの友人による影響が大きいのですが、もうひとつの理由はこの植物の存在感によります。

どういうことかとえば、白樺キリンは比較的容易に買い求めることができるということ。それは、ネットショップでもそうだし、近所の園芸展でも同じく、案外流通しています(*01)。しかし、その意外性のあるフォルムと、ミルキーな色彩から、売り切れていたり、妙に割高だったり…。このように、すぐに買えるけど、買うことができない僕と白樺キリンの距離感が、どこか特別な気持ちにさせてくれるのです。だからこそ、買わないでおきました。

ただ、そのような人付き合いならぬ、植物づきあいでいると、いざ欲しくなったとき、急に僕の目の前から姿を消すのです。以前はそれほど気にならなかった異性の存在が、意識をし始めたら、意外と遠かったあのときと同じように…。

例を挙げれば、2014年の夏のビッグバザールでのこと。偶然みつけた白樺キリンは大きく、少し桃色の株でした。ただ、ちょっと高い。が、ここで買わなければもう出会えないかも!いや、次に出会ったら安く手に入るだろう…という、典型的な植物マニアの葛藤をTOCの13階で演じていたのです。で、結局買いませんでした。以降、ホームセンターや園芸店を周ってみましたが一向に出会えずに…。

そして今回のビッグバザールでは、なんと500円という破格の値段で購入することができました(*02)!思い続けた分、2人(?)の愛を育んでまいります!

無機質感の漂うリトープス「オリーブ玉」

さらにもうひとつ。肉厚で、そのうえ何とも言えない生長サイクルが不思議で堪らない、コレ。

IMG_2778.JPG

リトープスです。名前は「オリーブ玉」。青とも緑ともいえない、深い味のある色彩…。さらには、頂点部の模様も自己主張を控えたマダラ模様…。

IMG_2779.JPG

観ているだけで安らげるし、この感触。

IMG_2780.JPG

固くもなく、柔らかくもない。そしてその質感は、ツルツルでもなく、ザラザラでもない。植物のはずなのに、どうも「物体的な無機質感」が漂います。それもそのはず。何故なら、捕食動物から逃れるために、現生地では石と同化するように生えているのだとか。

理屈では「はい、そうですか」と分かってはいても、単体でみてみれば、どうしてその形を選んだのか不思議で仕方がありません。

禁断のエアプランツ!チランジア・ジュンセア

そして最後は、コレ。

IMG_2790.JPG

当ブログの読者さまなら、僕とチランジアの相性をご存知の方も多いはず。はじめてお越しの方は、今までの記事をご覧ください…。

僕とチランジアとの関係性

そうです。僕とチランジアとの相性は抜群に悪く、我が多肉棚での生存率は0%。どうも苦手意識があります。

しかし、「美の壺」のエアプランツを観たこと。また、友人(*03)からのアドバイスにより、行けそう!と思ったことなどから、衝動的に購入してしまいました…(*04)

ちなみに、買ったブースは「ボタニカルマート」さん。

IMG_2743.JPG

「ジュンセア」というチランジアなのですが、写真のように、かなり大きい。しかも、これでなんと600円(*05)!気付いたら、いつの間にやら財布からお金を取り出している僕がいたのです…。

そのとき、ブースの方からいただいたもの。

IMG_2821.JPG

ボタニカルマート・バッジ。超かわいい。こういったノベルティを使って、僕ら消費者の「情熱」を煽るのです。みるたびに「次は何を買おうかな」ってなっちゃうから…。

今後の決意と次回の目標

そんなこんなで購入したのは上記の3点。

IMG_2775.JPG

これから冬を迎えますが、枯らさないようにしたいです(特にチランジア)。そして、前回の記事でも書いたように、次はセネシオの「バリー」を是非とも買いたい!植物の欲求、俗にいう「植欲」は尽きません…。

この記事の脚注

  1. 近頃は多肉植物ブームのおかげで、以前は金のなる木とアロエくらいだったホームセンターの品ぞろえも豊富になっています。なっていませんか?僕はなっていると思います! []
  2. とはいうものの、ユーフォルビア系の相場を良く知らない。けれど、かなり安いと思います []
  3. 例のユーフォルビア好きの友人。彼はエアプランツの栽培もしていて、どのタイミングで水を遣るのか、どこに置けばよいのかをレクチャーしてもらった []
  4. さらに言えば、藤川さんのブロメリア・ハンドブックも持っているので、それによる安心感も大きい []
  5. だったような気がする。間違っていたらゴメンナサイ… []
スポンサーリンク