中国でも多肉植物が人気らしい…。でもそれってイイコトかもしれない…!

こんな記事を見つけました。

中国でも多肉植物が人気!?

photo credit: nan palmero via photopin cc

photo credit: nan palmero via photopin cc

中国では多肉植物の不法輸入が増加

中国 多肉植物が大人気、不法輸入量は4-5倍増

多肉植物は基本的に丈夫で栽培が容易なものであるため、国内外園芸市場で人気を呼んでいる。

(中略)

現在、淘宝(タオバオ)で多肉植物の種子などに対する代理購入サービスは盛んになり、産地は韓国、日本、オランダなどが一般的である。韓国産多肉植物の代理購入を取り扱うネットショップの多くが通関代行も行い、代理購入費用は価格の1%に相当する。

北京出入境検験検疫局によると、国外の多肉植物が中国に持ち込む場合、厳しい審査プロセスがある。近年、多肉植物はよく売れているため、郵送量が増え続けている。最近、税関で発見された多肉植物は4-5倍増となった。

引用元:中国 多肉植物が大人気、不法輸入量は4-5倍増 | 新華ニュース 中国ビジネス情報

いま、中国でも多肉植物が人気だそう。それを如実に表す事件が、中国のニュースサイトで閲覧できます。内容は以下。

密輸貨物は違法多肉植物だった
女が大量に運び、空港で押収

韓国から空路で広州市に入った中国籍の女が所持していた荷物のX線検査で国内への持ち込みが禁止されている貨物が含まれていたことが判明。中身を確認したところ、女は多肉植物を大量に国内へ運んでいたことが明らかになった。

9個見つかった箱の中には合計1000株近い多肉植物が積まれ、重さは18キロ。広東検験検疫局が12月1日に発表したこの事件は広州空港検験検疫局が近年摘発した違法な繁殖用植物苗の中でも最多の例だったという。

引用元:密輸貨物は違法多肉植物だった – 社会 – 日中新聞

これぞまさに「爆買い」。

どんな種類の多肉植物を購入したかは定かではありませんが、1,000株といったら、それなりの金額にはなるはず(*01)。ニュースには、「検験検疫局の職員は関連の法知識および検疫上の処理方法などを女に説明し、押収した植物を検査のために実験室へ送った。(*02)」とありますが、その後、多肉植物はどうなったのでしょうか(*03)

中国の多肉ブームを垣間見る

これらのニュースを読み、気になったのでネットサーフィンをすると、とあるブログがヒットしました。

That’s wicked!!: 最近 多肉が買えない理由分かったかも!?

このThat’s wicked!!さんでは、中国の多肉ショップの紹介や、「多肉本」も豊富にあるとの情報も掲載。かなり詳しく書かれています。

僕も、中国の多肉本ページをみてみましたが、どれもここ2~3年の間に発売されたもの(*04)。しかもそのバリエーションと言ったら…。

photo credit: Alexandru Ilie2012 via photopin cc

photo credit: Alexandru Ilie2012 via photopin cc

近頃、日本の「多肉本」も飽和状態ですが、中国の多肉本もそれに負けず劣らずの種類みたいです。

中国の多肉ブーム。もしかしたら嬉しいことかも?

こう書くと恐らく「何だよ!今度は多肉植物かい?アイツらがマグロの味を知ってから、日本じゃ漁獲量が減ってんだ!マグロだけじゃねぇ、ウナギなんてどこ行っちまったんだい!」と、急に目を吊り上げる方がいるかもしれません。

でも、良く考えたら、これって多肉植物愛好家にしてみたら、それほど悪いことではないかもしれません。

多肉植物は、食糧などとは違って、基本的に消費されるものではありません。むしろ、殖える(笑)。それも、腕が上がれば上がるほど、そう簡単には枯らさないようになります。栽培技術が確立すれば、いずれ、ビジネスとして大量に生産する企業などが出てくるかも。

そうなった場合には、ほんの少し価格の安い「Made in China」の多肉を買うという選択肢が増えるかもしれません。それに、普及すればするほど、あらゆる交配種が作られ、その植物文化も発展するかもしれないし。

デメリットはやっぱりあるもんだな

ただし、先ほどの違法密輸のニュースの続きに、こんなことが書いてありました。

近年、多肉植物は鉢植えの中でも国内外でとりわけ人気が高まっている植物の1つだ。多肉ブームは生花販売者たちに恰好の商機をもたらし、海外で買い付けを行った新品種をあらゆる手段で国内へ持ち込み販売する業者も現れている。しかし検験検疫局の職員によると、多肉植物は中国国内への持ち込みが禁止されている植物だという。株本体が生態環境に影響をおよぼしうる外来種であるのみでなく、茎の部分にはカイガラムシなど病原体を媒介する害虫が付着している恐れもある。また、多肉植物は繁殖力が非常に強いため、一度国内に流入すると農業生産および生態環境の保全に脅威を与える存在ともなり得るという。

引用元:密輸貨物は違法多肉植物だった – 社会 – 日中新聞

そもそも多肉植物のほとんどは、中国にとっても外来種のはず。環境によっては、日本では考えられないほど、多肉植物の繁殖力が強くなることだって有り得ます。また、中国産の多肉が大量に生産できたとしても、日本の検疫で輸入できない可能性だってあります。

多肉植物は面白い。その面白さが世界中に広まることは悪いことではありません。また、それによる恩恵を授かることができるかもしれません。けれども、デメリットがあるのも事実。これらをしっかり理解したうえで、世界中に多肉ファンが増え、一緒に楽しむことができれば…と思います。

この記事の脚注

  1. 日本でお手軽な多肉であればおよそ250円。これ×1000だと、25万円…。もしくは、ある程度珍しい植物は日本では安くても1,000円。それを1000株だと、諭吉100人かぁ~…。あはははは~… []
  2. 参考:密輸貨物は違法多肉植物だった – 社会 – 日中新聞 []
  3. 廃棄処分されちゃったのかな? []
  4. 日本の多肉本もありました []
スポンサーリンク