言われないと気付かない!?県立秦野戸川公園のチューリップ畑

県立秦野戸川公園でのチューリップ散策の続きです(前回はこちらから)。

一通り花壇を見終え、公園を後にしようとすると一本の電話が。
出ると、一緒に来ていた父親だった。

「もっと下の方に降りてくると、すごいから来い」

なんだそりゃ。
渋々、右だの左だのと指示通りに進む。
すると、確かに「すごい」ところにたどり着きました。

DSC_4292

広い!
もはや花壇ではなく、チューリップ畑。

広さは、奥にいる身長165センチの父と比較してほしい。
花壇では「3万本はない…、まさかサバ読んでるんじゃ…?」と疑心暗鬼になっていました。
が、これで納得。
3万本のチューリップは、確かに咲き誇っていました。
ただし、ちょっと道から外れたところにあるので、分かりにくいかも知れません。

DSC_4295

それゆえ、整然とした景色が突如として現れるので、より異空間に思えます。
感動のひとこと。
遠く丹沢の山々と組み合わせれば、ホラ。

DSC_4306

まるでオランダに来たみたい!
…オランダに行ったことはありませんが。
異国情緒というか、日本ではないように思えてくる、ということです。

僕は、何だか心を洗われたようにいい気持でした。
そして、いい気持ちのまま職場へと向かったのです。
この日は一日、上の空でしたとさ。

この記事を書いた人

mokutaro

植物好きが高じ鉢物業界に飛び込んだアラサー男子。群馬県に移住し、毎日、食べ(られ)ない嗜好性の強い植物とまみれています。 園芸を考えるブログ「ボタニカログ」を運営中。

『趣味の園芸』6月号に載ってます

『趣味の園芸』2020年6月号の「ディーププランツ入門」のコーナーに取り上げていただきました!

趣味の園芸でアドロミスクス!?

ベンケイソウ科多肉植物の一種である「アドロミスクス」は僕が園芸にのめり込むことになったキッカケの植物。
その当時起こったこと、改めて考えたことなどをまとめてみました。