今号はサボテン・多肉植物特集!『趣味の園芸ビギナーズ』2016年1月~3月号を読んで…。

本日、読み終わりました。

趣味の園芸ビギナーズ2016年1月~3月号

NHK 趣味の園芸ビギナーズ 2016年 1月~3月 [雑誌] NHKテキスト

特集タイトルは「ようこそ多肉、サボテン」です。

今号の特集は多肉植物・サボテン

『趣味の園芸ビギナーズ』に関して言えば、サボテン・多肉植物については食傷気味ですが、未だ人気のあるカテゴリー。

photo credit: nan palmero via photopin cc

photo credit: nan palmero via photopin cc

プレゼントで多肉植物を貰ったり、これからはじめよう!という人がいる限り需要はあるはず。書名もビギナーズですので、初心者に嬉しい特集は続けるべきです。

多肉植物の紹介。直観で選べる多肉植物とサボテン

さて、今回の中身を簡単に説明していきます。

まずは、多肉植物の紹介。多肉植物の性質別にカテゴライズしています。たとえば「ツルツルキラキラ」な植物には、コノフィツムのブルゲリやハオルシアのオブツーサなど。

対して「フワフワホワイト」な植物には、サボテンのケファロケレウス(*01)の翁丸や、カランコエの福兎耳など。

そのあとには、いま流行りの「コーデックス」、「兜サボテン」の紹介が続きます(*02)。このように、育ててみたい植物を直観で選ぶことができ、まさに初心者には嬉しい特集です。

ただ、ラインナップをみると、昨今なにかと話題の「珍奇植物(ビザールプランツ)」も混じっていて、いかにも普及種な多肉植物はあまり登場せず(*03)。時代は変わりましたねぇ。

もっと知りたい!「専門店の仕事とは?」

続いて、サボテン・多肉植物専門店の『鶴仙園』店長、鶴岡秀明さんの育て方講座。こちらはビギナーズを買って読んでもらうとして、注目は「専門店の仕事とは?」という1ページの記事。鶴岡さんの裏話(?)が掲載されています。

これ、膨らまし方によってはスゴク面白いネタだなって感じます。残念ながら今回の記事は、あまりスペースがありません。が、植物のプロは普段、どんな作業をしているのか。どんな思いを持って仕事を続けているのか…。植物を生業・趣味とするものだけでなく、一般人でも興味のあるところ。

こういった読み物では「グリーンコーディネーターになるには」などが、生の声を知ることができて面白い。

あとは、やっぱり西畠清順さんの「プラントハンター」。世界観がぶっ飛んでいる、日常とは異次元なギャップを楽しめます。

「職業論」的な部分を扱った本は、建築家のものは数多くあるけれど、なぜか園芸家にはあまりありません(*04)。著名な園芸家を何人か集めて、それぞれの仕事を追った本があれば、ぜひ読みたい…!

「グリーンハウスに行こう!」

話を戻します。その後は、多肉植物の寄せ植え解説などがあり、サボテン・多肉植物特集は終了。そして、「グリーンハウスに行こう!」とテキスト企画が続きます。

DSC_3809

こちらは日本各所10カ所の温室のある植物園を特集したもの。行ったことのある植物園、これから行きたい植物園など、個人的にテンションの上がるコーナーです。どこも一生のうちには訪れてみたい場所。

冬から春にかけての特集

そしてここからが本題。前回の趣味の園芸ビギナーズは、何か内容が薄いものに感じられました。観葉植物の特集も掘り下げておらず、かといって冬の園芸も浅く狭いもの。がっかりした感想をこのブログでも書きました。

『趣味の園芸ビギナーズ・2015年10月~12月号』を読む。おや?いつものボリューム感がありません。 | ボタニカログ

ところが今回は、冬から春にかけての「園芸の愉しみ方」がたくさん紹介されています。内容的には決して深いものではありませんが、プリムラを育ててみようとか、球根をはじめようとか、スプラウトに挑戦しようとか…。

前回よりも「寒い季節でも楽しめる園芸」が、いくつもの選択肢で紹介され、これならやってみようかな?と思わざるを得ない内容です。そしてここでも多肉植物を栽培する紹介があり、「植欲(植物をそだてたくなる欲求)」が湧いてくるのです。

まとめ

まとめです。前回よりはある程度、内容が豊富になったかなぁ…と思います。

ですが、僕の意見としては、これまでのように1冊につき1特集のビギナーズの方が読んでて面白い。そして深く切り込んでいるので永く使えるのです。

現状のものだと、ビギナーズとはいえ紹介される植物の種類は少ないし、栽培方法もあまりに初級。

photo credit: Oh dear... via photopin (license)

photo credit: Oh dear… via photopin (license)

多肉植物が伸びてしまったら切り戻します、はい終わり!じゃなくて、そこからどんな場所に置くべきか、他にどう寄せ植えなどのアレンジができるか、さらには少しの時間は保管できる…とか、初心者にとってはこういった「どうする?」の部分が知りたいのです。

2015年の春号から迷走している感が否めませんが、2016年の春号に期待です。戻ってきて!広くて深いビギナーズ!!

この記事の脚注

  1. 毛ファロ毛レウスと書いても間違いはないかも []
  2. いつかコーデックスだけの特集とか、サボテンだけの特集とか、超ニッチでビギナー対応の特集をしてほしい。そして、ずっと使える雑誌をつくってほしいと思う []
  3. 先日、女子に人気だとテレビで紹介された「セダムオーロラ」など []
  4. 単に僕が見つけられていないだけかもしれませんが []
スポンサーリンク