5つ葉のクローバーを見つけて地方紙に載ったなんて…羨ましい!!

何気なく地方紙を読んでいたところ、こんな記事を見つけました。

何となくクローバーの群生地を眺めていたところ、葉が多いものがあることに気付いたという。4つ葉と思い、近寄って葉を数えたところ5枚あることが分かり、井村さんは「めずらしい。良いことがあるかもしれない」と喜んだという。

引用元:5つ葉のクローバー発見 | 秦野 | タウンニュース

散歩中に5つ葉のクローバーを見つけたので、地方紙に掲載された…。
って、いいな~。
正直、羨ましいです。

人間の嫉妬というのは恐ろしいもの。
地方紙を読んだあと、僕はこんな思いがフツフツと込み上げてきたのです。

「実際、クローバーの群生しているところをよくみると、4つ葉のクローバーなんて簡単に見つけられる。
それに、5つ葉のクローバーもさほど珍しいものではない!
5つ葉のクローバーくらい、オレにも簡単に見つけられるさぁ~!!
って、口だけなら誰でもいえる。
じゃあ、いつ見つけるの?
今でしょ!!」

そう息巻いて、近所の公園へ。
ちょうどシロツメクサが花をつけ始めていました。

さてと、探すとするか…。
一呼吸おいて、あたりを見回します。
すると、1分ほどで発見しました!

一部虫に食われていますが、完璧な四つ葉のクローバー。

「ほらね。
四つ葉のクローバーは、誰でも見つけられるんだよ。
でも、オレが探しているのはもう1枚、葉の付いたクローバーなんだよ。
ほ~ら…、出ておいで~、5つ葉ちゃ~ん…ブツブツ」

夕刻時。
20代半ばのお兄さんが、ブツクサ呟きながら野原を徘徊するのです。
PTAから「公園に不審者」メールがきたのなら、それは僕かもしれません。

そんなことを考えていると、明らかに葉の付き方がおかしなものが…。

これはもしや、6つ葉!?

確認のため、引きちぎって葉を数える。

3、4、5…6!
やっぱり6つ葉のクローバー!
まさか、5分足らずで見つけられるとは思ってもいませんでした。
しかも6つ葉のクローバーを!
…と同時に、通報されるリスクも減ったよ。

そして僕は、これを押し花にしようと家に持ち帰たのです。
が…。
続きは次回。

スポンサーリンク