サボテン・多肉植物ビッグバザールに行ってきた!…ような気がする。

2013年6月2日。
私用やら仕事やらを抜け出して、行ってきました。 サボテン多肉植物ビッグバザール。 どうやら、正式名称は「夏のサボテン・多肉植物ビッグバザール」(看板参照)。

僕自身、今回で7回目の参加になるのかな? 季節的にも豊富な品ぞろえが予想されていたのですが、行ってみると…。
「えっ?」

ガラッガラ。 いつも、アドロミスクスを購入させていただいている「ルチア」さんは「じゃ、お疲れ様で~す!」なんて言って出ていく始末。 そうです。 僕が五反田TOCに来たのは、15時30分ごろ。 ビッグバザール終了時刻は16時。 そりゃ、片づけるよな…。

とはいえ、店じまいをしていないブースもあり…。

慌てながら物色。 からの~…

トレニア撤収。 しまいには、スタッフの方が椅子をも片付け始める。

この、会場内に響くガチャガチャという金属音が、心を震わせます。
「午前中の予定をキャンセルすれば…」
「もっとしっかり予定を立てていれば…」
さまざまに思いを巡らせていたら、いつの間にやらスピーシーズナーサリーさんのブースの前へ。 チランジア欲しいなぁ~…、でもなぁ~…、枯らしちゃうしなぁ~…。 なんてボケッと突っ立っていると、
「今度、6月20日に本を出すから!」
と、藤川さん。 チランジアよりも、こっちのほうが気になるんですけど。

ということで、チラシをいただいてきました。

チランジアとの相性が悪い僕にとっては、読むべきものカモ。 発売されたら買いま~す!

で…。 今回の収穫と言えばこのチラシだけ(笑) ひどい、ひどすぎる。

そのうえ、帰宅後に残された仕事の量をみると泣けてくる。 いや、オリンピック精神です。 参加することに意義があるのだよ! 次回[*01]は午前中には会場入りしよう!! あいるび~ばっく。

  1. ちなみに。 次回は2013年11月3日(日)に開催のようですよ(国際多肉植物協会ホームページ | イベント案内)。スケジュールに記録するべし。 []

この記事を書いた人

mokutaro

植物好きが高じ鉢物業界に飛び込んだアラサー男子。群馬県に移住し、毎日、食べ(られ)ない嗜好性の強い植物とまみれています。 園芸を考えるブログ「ボタニカログ」を運営中。

『趣味の園芸』6月号に載ってます

『趣味の園芸』2020年6月号の「ディーププランツ入門」のコーナーに取り上げていただきました!

趣味の園芸でアドロミスクス!?

ベンケイソウ科多肉植物の一種である「アドロミスクス」は僕が園芸にのめり込むことになったキッカケの植物。
その当時起こったこと、改めて考えたことなどをまとめてみました。