街に埋もれているのなら、なお。

職場で聴くラジオから、尾崎豊の曲が流れた。

尾崎豊のいちばん好きな歌「Forget-me-not」。
なにか寂しくて、どこか切ない。
そして、「忘れないで」といっているのは、「君」なのか、「僕」なのか。
いや、二人が育んだ愛の名前だからふたりとも?
深い…。

そういえば、忘れな草ってみたことがないです。

a0790_000018_m

ネットで調べてみると、野生の忘れな草はあまりみられるものではないようです。
ただでさえ見ることができないのに、小さい。
街に埋もれてしまうのは、無理もない。

花期は5月から7月といいます。
今年、みれるといいな…。

この記事を書いた人

mokutaro

植物好きが高じ鉢物業界に飛び込んだアラサー男子。群馬県に移住し、毎日、食べ(られ)ない嗜好性の強い植物とまみれています。 園芸を考えるブログ「ボタニカログ」を運営中。

『趣味の園芸』6月号に載ってます

『趣味の園芸』2020年6月号の「ディーププランツ入門」のコーナーに取り上げていただきました!

趣味の園芸でアドロミスクス!?

ベンケイソウ科多肉植物の一種である「アドロミスクス」は僕が園芸にのめり込むことになったキッカケの植物。
その当時起こったこと、改めて考えたことなどをまとめてみました。