斑入りゴムの木をやっと購入しました!探してきたものと、新たに出会ったもの

とうとう見つけてしまった!ずっと欲しいと思っていた「斑入りゴムの木(*01)」。

斑入りゴムの木を買いました!

DSC_4806.JPG

偶然なる斑入りゴムとの出会い

偶然立ち寄った、街中によくある普通の生花店。店内へ入る予定はなかったのですが、店舗外に並べられた花をみていると、中にいたオバちゃん店員と目が合う…。

3分ぐらい物色していたので、さすがに入らない訳にもいかず…。ちょっと切花のかほりでも吸ってくるか…。そう思い、店内へ立ち入ると、左側の壁沿いに観葉植物コーナーが。

ふと目をやると、その一角に迷彩のごとくハッキリと斑の入ったゴムの木がいたのです!

DSC_4795.JPG

ホームセンターでみつけた斑入りゴム

これまで、何度も斑入りゴムの木とは出会っています(*02)以前も書きましたが、1度目はホームセンターにて。価格もそれほど高くはない「498円」。ほぼ手ぶら状態での買い物だったため、また来て買おうと店に出る。

IMG_2284.jpg

ホームセンターで見かけた斑入りゴム

しかし後日、再びのホームセンターにその姿はありませんでした。売れてしまったようです。

斑が甘い…!某巨大園芸店の斑入りゴム

2度目は某巨大園芸店にて。ここは知る人ぞ知る、観葉植物の宝庫。もちろん、斑入りゴムの木もありました。しかし、斑の入り方が甘い。濃い緑と薄い緑が大半を占めていて、特徴的な白の部分があまりなかった。

むしろ、別にあった「フランスゴム」という、もっと細かい模様の斑入りゴムの木が気になったりして…。

IMG_3163.JPG

フランスゴム

ここでも結局、買いませんでした。

その他、いろいろとみましたが…。

その他にも、各所植物園やショップで何度も見かけます。見かけても、ディスプレイ用だったり、展示品だったり…。購入できるものには出会えません。

DSC_4058.JPG

夢の島熱帯植物館でみつけたゴム。上部の葉、白い部分が焼けています

そして、今回の出会い。これまでの経験を踏まえ、迷わず購入。しかも、値段もホームセンターで見つけたときとそれほど変わらない、リーズナブルなお値段でした。

帰宅後、写真を撮り…。

帰宅後、舐めるように観賞。やはり、美しい。

DSC_4801.JPG

ずっと追い求めていたものを手に入れたので、脳内物質がドバドバと放出。ゆえに撮った写真も多数…。

DSC_4810.JPG

このゴムの木フォルダが作れてしまうのではないかというほど…(*03)

DSC_4800.JPG

と、気持ちの悪い溺愛っぷりはここまでとして、大切に育てようと思います(*04)

この記事の脚注

  1. Ficus elastica []
  2. 出会ったゴムの木がすべて同じ種類ではないかもしれませんが []
  3. 総数20枚以上。普段、僕が撮る植物の写真は1種類4枚程度です []
  4. 上記に挙げた夢の島のゴムの木。どうやら強い日に当てると、白い部分が焼けてしまうよう。気をつけなくては。 []
スポンサーリンク