安すぎでしょ!箱根芦之湯フラワーセンターの閉館セール

前回の記事でも若干触れましたが、この3月に閉館してしまう「箱根芦之湯フラワーセンター」。ここでは3月31日まで閉館セールを開催しています。

DSC_4872.JPG DSC_4874.JPG

結論から書いてしまえば、このセール「安い」。たったこの一言に尽きる。今回の記事では、そのなかでも「これ、ヤバいでしょ!」と思った品物をピックアップし、記録します。

閉館セールの衝撃プライス商品

どんなベゴニアでも、とりあえず1,000円!

芦之湯フラワーセンターの主要な植物でもある「ベゴニア」。これらがほぼすべて、1,000円で売られていました。

DSC_4890.JPG

僕はベゴニアを育てるのが苦手なので買いませんでしたが、これまで丁寧に栽培されてきたもの。いくら安いとはいえ、気軽には買えません…。

とはいいつつも、派手な葉のレクスベゴニアに非常に惹かれてしまう…。く~、なんとか欲求は抑えました…!

ガジュマルの根元にある観葉植物たち

それにしても、信じられないくらいの破格。この展示品クラスの巨大なオオタニワタリも、なんと1,000円。

DSC_4921.JPG

そのほか、ガジュマルの根元に並べられた植物は、言い方が悪いですが二束三文状態。

DSC_4935.JPG

僕の家がもっと大きかったら、インテリアプランツとして本気で引き取りたい!でも温度やらスペースやらがキツそう…(*01)

でっかい金鯱ズドン!

もうひとつ、かなり安いと思ったのがコレ。

DSC_4911.JPG

金鯱15,000円。って、おいおいおいお~い!ここまで大きくなるのに何年掛かるのでしょうか。それを15,000円って…。

何だか、このあたりから僕の額には興奮なのか、焦りなのか、汗がにじむように…。

価値観をボロボロに崩すCコリドーの植物たち

極めつけはここ、Cコリドーに並べられた観葉植物。

DSC_4918.JPG

こんな大きなゴムの木にも、値札が…。

DSC_4916.JPG

そのお値段、2,000円(笑)。斑入りシェフレラが…。

DSC_4915.JPG

500円。

DSC_4919.JPG

こんな価格のオンパレードなので、「商売のありかた」とか「資本主義」とか、これまで当たり前だと思っていた僕の「価値観」がゴロゴロと音を立てて崩れ去っていくのです…。

その他、驚き価格の商品など

その他にも、素焼き鉢などの鉢が、まさに捨て売り状態。

DSC_4933.JPG

かなり大きく育ったチランジアは各種1,000円。

DSC_4934.JPG

各種ブロメリアが500円…。

DSC_4886.JPG IMG_3567.JPG

などなど…。通常ではちょっと考えられない値段なので、ついつい買いすぎてしまいそう…。ちなみに僕は、チランジアのウスネオイデスなどを買いました(*02)

今後のガジュマル、そしてフラワーセンターは?

ガジュマルのクローンはありませんでした

本当は、芦之湯フラワーガーデンのメインツリーであるガジュマルのクローンが欲しかった。

DSC_4883.JPG

係の人が言うには、クローンづくりにまで手が回らず、欲しい人にだけ種は配布していたとのこと。

今後の運営については「未定」

今後の運営方法として、箱根町に返還するのだけは決まっているが、それ以外は未定だとも話してくれました。植物園として運営するのには莫大なランニングコスト及び修繕費もいるらしい。

僕ら観光客・消費者にとっては、このセールは嬉しい限りなのですが、いっしょくたに植物と触れ合える場所が減るのは寂しい。今後の移譲先が早く決まり、ガジュマルたちにとっていい環境であることを願うばかりです。

そして、連れて帰った植物は大切に育てなければいけません!頑張ろう!

この記事の脚注

  1. 店舗や事務所など運営をしている方には良いかもしれません。とにかく大きいので、引き取ったその日からメインツリーになってしまうかも []
  2. いつかこのブログに紹介します []
スポンサーリンク