2014年・春!フラワー&ガーデンショウでキノコの誘惑に敗北する

春分の日。風が強く吹いている中、幕張メッセへ行きました。

DSC_0700.JPG

この日行われていたのは「第24回・日本フラワー&ガーデンショウ」。僕は今回が初参加です。下調べも何もしていなかったので、まずは会場内をぐるぐる散策。3周ほど歩きました。

DSC_0764.JPG

フラワー&ガーデンショーでの催し物を一部記録

会場には、いまが旬の菜の花を植えた休憩ブースがあったり(*01)

flowerg_3.jpg

千葉県における園芸事業の紹介や、

flowerg_2.jpg

植木職人によるデモンストレーションなど、なかなか面白かったです。

flowerg_1.jpg

さらには、新種の植物を品評するコーナーもあり、会場を歩けば歩くほど、様々に魅力に出会えます。

flowerg_4.jpg

そしてあの風太君にも…。あぁっ!立ってる立ってるぅ~!

DSC_0729.JPG

レッツエンジョイ♪椎茸ライフへの誘惑

そんな当てもなく徘徊する僕の足を止めたのが、このブース。カネコ種苗株式会社さんです。

DSC_0724.JPG

なぜならこのシイタケの展示。

DSC_0723.JPG

鬱蒼とした森の中にあるシイタケ栽培場を知っていますが、こんなにも間近で実物を見たことはありません(*02)。普段みかけるシイタケは、トレーパックに密閉されて、窮屈そうに詰められたもの。本来はこんなに大きく、こんなにものびのびと生えているものなのですね。

しかも特価で販売している!?

DSC_0726.JPG

並べられた30センチほどのホダ木を見つめながら、お財布と相談します…。そこへ、ブースの外で接客中のお姉さんから猛プッシュを受ける。「美味しいんですよ!これ。ブース裏にあるあのシイタケ見ました?ほらっ!家でもシイタケが作れるんですよ!!700円です、どうですか!?」

そして僕は、自宅でキノコを育てる自分を想像する。26歳男性(彼女なし)。仕事から帰ると、まっ先にするのはキノコの管理。北側の部屋に置いてあるホダ木を前にニヤニヤはぁはぁ。スプレーで水を吹きかけながら「ほ~ら、大きくなれよ~…」と夜な夜なキノコ会話する…。

いかん!気持ち悪いのは外見だけにしてくれ!!荷物も多くなるし、辞めておこう!そう思い立ち去ろうと、

僕「いやぁ~、今日あんまりお金持ってきてないんっすよぉ~。荷物も多くなるんで、また今度にし…」
姉「そうしたら、こちらのキットもどれかお好きなものを付けて1000円でどうですか?」
僕「なめこの栽培キットでお願いします。」
姉「ありがとうございます!」

商売がウマすぎる。しかもおまけで白菜栽培キットまでつけてもらいました(*03)

DSC_0844.JPG

帰宅時、トラベラーで混雑する東京駅では、何度もトランクに足を引っ掛け、その度に転びそうになる。ホダ木と同封された資料には「衝撃を与えると胞子を出して発生する」と書いてあります。「いけない!生えちゃう!」と必死で守ったホダ木。家に着いたころには愛着がわいて、一緒にお風呂も入ってしまいました(*04)

その他の購入品

その他にも、「イワレンゲ」を購入。

DSC_0840.JPG

野草図鑑でみるものと若干違うようにも見えますが、どうでしょう?

DSC_0843.JPG

今後の生長に期待です!

フラワー&ガーデンショウ・3月23日(日)まで開催

ちなみにこの「フラワー&ガーデンショウ」。本日の23日まで開催とのこと!まだ行かれていない、またはどこに行こうか迷っている方はお勧めです。その際、荷物には余裕をもって行かれると安心ですよ!

この記事の脚注

  1. さすがに樹木はイミテーションでした []
  2. 木には「触ってもいいけれど、無暗に触ると取れるから優しく…」という旨のメモが。モチロン僕は無暗に触って取るタチなので、好奇心に震える手をポケットにしまった。 []
  3. なめこ栽培キット「でるまっしゅ」はシリーズ品。

    ナメコのほかにも、シイタケ・ブナシメジ・ヒラタケ・エノキなどがあるそうです []

  4. 散々、水をかけてイチャイチャしたあとに、湯船に浮かべて放置プレイ。半日したら迎えに行きます []
スポンサーリンク