伊豆シャボテン公園の動物たち

当ブログは植物に関する記事をメインに載せることを前提としていますが、たまには動物も。

伊豆シャボテン公園の魅力は何といっても、間近で動物を観察できること。

園内には、まるで脱走したかのように(笑)動物が我が物顔で歩いています…。

クジャクが園内を見学していたり、目の前を猛スピードでリスザルが駆けていったり…。 何かしてると思ったら…。

花を喰う。

まるでつまみ食いをする、小学生男子。 思わず母さんにチクリたくなる顔してます。

また、普段みれないような鳥を目の前で見ることができるのも楽しいです。 芸術作品のようなコンゴウインコ。

どうしてこんな色になってしまったのだろう。 めちゃくちゃ格好いい。 そして、眠気マナコのコンゴウインコ。

めちゃくちゃかわいい。 バードパラダイスではフラミンゴも発見。

お~、ほんとに片足で立ってるよ! と思いきや…。

伏せたままのフラミンゴも…。 立つことに疲れちゃったのかな? 他にも「ハシビロコウ」や、僕が個人的に好きな「オオサイチョウ」もいるそうですが、この日は見れず。 残念でしたが、シャボテン公園の鳥たちも、目の前で観察できるので楽しいです。

それと、名物の「カピバラ」。 みんな同じ方向を向いています…何故?

カピバラと言えば。 僕はよく、カピバラに似ていると言われます。 カピバラを正面からみたときの…。

そうそう、この顔(笑)! よう兄弟!! また会いに来るからな!!

追記

ということで会いに行きました(笑)。

この記事を書いた人

mokutaro

植物好きが高じ鉢物業界に飛び込んだアラサー男子。群馬県に移住し、毎日、食べ(られ)ない嗜好性の強い植物とまみれています。 園芸を考えるブログ「ボタニカログ」を運営中。

『趣味の園芸』6月号に載ってます

『趣味の園芸』2020年6月号の「ディーププランツ入門」のコーナーに取り上げていただきました!

趣味の園芸でアドロミスクス!?

ベンケイソウ科多肉植物の一種である「アドロミスクス」は僕が園芸にのめり込むことになったキッカケの植物。
その当時起こったこと、改めて考えたことなどをまとめてみました。