やぶの中に現れるトロピカルチックなツブツブ。…有毒らしい

丹沢湖を歩いていると、突如、目を引く色彩が現れました。鬱蒼とした緑色のやぶの中に、似つかわしくないトロピカルチックなオレンジ色の実。

はっきり言って、気持ちが悪い。墓地でカラフルな墓石を見つけたような感覚。どうしてその色を選んだのだろう?と思わずにいられません。

調べると「マムシグサ」と呼ばれるサトイモ科の植物でした。

春にはサトイモ科の特徴でもある仏炎苞の花を咲かせるそうです。みてみたい!

ただし、このマムシグサ。実は有毒植物。Wikipediaには、

球根や葉にはシュウ酸カルシウムの針状結晶が含まれ、有毒。誤って食すと口中からのどまでに激痛がはしり、唾を飲み下すことすらできないほどとなる。

引用元:マムシグサ – Wikipedia

とあります。とあるブログでは実際に実を食べてみたという報告も(参照:マムシグサの実を食べた – 大文字山を食べる – Yahoo!ブログ)。舌が針で刺されたように痛むそうです。

雑草散策をやりはじめて思ったことは、意外と有毒植物は身近にあるということ。かつ多数存在するということ。

やはり毒を持つ植物の方が、自然界の中では比較的生き残り易いのかも。僕の憶測ではありますが…。僕も自分に毒を持てば、この競争社会で生き残れるかな?そう思ってしまいます。自分の中に毒を持て!そんな本を昔読んだことがありますが(笑)。

スポンサーリンク