「ヤブミョウガ」を連続で10回言ったら、ひょっとこみたいな顔になった。

「辻村植物公園」の「太陽の丘」付近。こんな植物を見つけました。

葉がやけに艶々していて、まるで熱帯の植物のようなテカり具合。誰かが意図的に観葉植物を植えたのかとすら思ってしまうほど。

調べると、この植物は「ヤブミョウガ」と呼ばれる山野の林に生える植物だそう。続けて10回言えたら凄いと思う。ヤブミョウガヤブミョウガヤビュモウガ…。あれ?

でも待ってください。自宅でもミョウガを栽培していますが、こんな花を咲かせた覚えはありません…。気になって、ネットを巡るとこんな情報が。

余 談

ヤブミョウガという名前から,香味野菜のミョウガを連想するが,ヤブミョウガはツユクサ科,ミョウガはショウガ科で全くの別種。単に葉の形が似ていることからつけられた名前で,ヤブミョウガは食用にならない。花は咲く部分や形・色も全く異なるので,花を見れば別種であることに異論を挟む余地はない。

引用元:観音崎の植物たち | ヤブミョウガ

やっぱり。同じ植物ではないのに似ているから命名されてしまうパターン。例を挙げれば、イヌゴマとかコウボウムギとか…。ややこしや。

冒頭にも書きましたが、ヤブミョウガの葉はかなり綺麗です。

艶やかな表面と、繊細な緑色。それに加え、大きくなく小さくもない姿形。いちど鉢植えで育ててみたい…。人によっては薄気味悪いとか、苦手だと思うかもしれません。

けれど、花を咲かせば…。

やっぱり、薄気味悪い?

スポンサーリンク