趣味の園芸9月号で「植物偏愛主義」が終わる!?ちなみにラストは藤川史雄さん!!

とある雑誌で花の研究している方の特集を読んだことがあります。実に地道な作業を繰り返す上に、何十年もかけなければ新品種を作出することができない…。

僕はこの特集を読んで、植物の世界、はたまた園芸の世界は1人の人生を限りなく呑み込んでしまう…。追求しようとも追及できないのだろうと感じました。たったひとつの属種でさえも。

趣味の園芸9月号で「植物偏愛主義」が終わる!?

園芸家をピックアップした読み物って少ない?

でも、こういった人にスポットライトを向けることって少ないですよね?ないわけではありませんが、専門雑誌でもなかなか登場しないのも事実。そこで僕はこういった「園芸のプロ」にもっと目を向けてみるのは面白いし、役に立つのでは?と考えています。

ひとくちに「園芸家」といっても、考え方は千差万別だし、そもそも栽培する植物もバラバラ。なのに、掘り下げると同じ水脈が流れていることの気が付きます。別々の観点なのに、読み進めていくうちに、その地下水脈を掘り当てられる。しかも、プロならではの秘儀を知ることができる。僕はそんな読み物が欲しいと思っています。

以前、当ブログでこんなことを書きました。

植物のプロは普段、どんな作業をしているのか。どんな思いを持って仕事を続けているのか…。植物を生業・趣味とするものだけでなく、一般人でも興味のあるところ。

(中略)

「職業論」的な部分を扱った本は、建築家のものは数多くあるけれど、なぜか園芸家にはあまりありません。著名な園芸家を何人か集めて、それぞれの仕事を追った本があれば、ぜひ読みたい…!

引用元:今号はサボテン・多肉植物特集!『趣味の園芸ビギナーズ』2016年1月~3月号を読んで…。 | ボタニカログ

建築家のほかに、デザイナー、医師、実業家…などなど。分野ごとにエキスパートを紹介している本はザラに存在します。が、なぜだか園芸家を取り扱った本になると探すのが大変…(*01)

園芸家の生きざまをった特集「植物偏愛主義」

そんなことを考えている矢先、今年の4月からリニューアルした「趣味の園芸」テキスト「植物偏愛主義」というコーナーがスタートしたのです。

IMG_20160820_012750

目次には「こだわりの園芸家の生きざまを見てみたい方へ」と記してあり、まさに読みたかったのはコレ!とページをめくります。

第1回目はランに魅せられたドクター・斉藤正博さん。たった2ページの中に園芸家の仕事が深く詰め込まれているのです。

1株ごとにカルテを作り、特徴や作業の記録をつける斉藤さんの植物との関わり方…。そうそう!まさにこういう部分を僕らは知りたいのです!!

ここから順に漫画家のタナカカツキさん、ブロガー&ガーデナーの遠藤昭さん(*02)、バラ愛好家の矢部薫さん、出版社「STRAIGHT」の川端正吾さんと小宮山秀明さんと続きます。

6回目は「SPECIES NURSERY」の藤川史雄さん

そして今回発行の9月号では、あの「SPECIES NURSERY」の藤川史雄さんがご登場。あらゆるイベントでご活躍され、まさに「珍奇植物」の伝道師ともいえる方。実は僕と生活圏が同じらしく、たま~に街中でお見掛けすることがあります(笑)。

今回の特集でもたった2ページの中に、藤川さんの植物に対する思いがギュッと詰まっていて、読み進めていくとドキドキしてしまう内容となっています。共感するところもあれば、参考にしたいところもあり…。もう少し掘り下げてほしいと思うのはきっと、僕だけではないはず(笑)。

突然の「植物偏愛主義」最終回。

しかし、目を凝らして読むと特集タイトルの横に何か書いてあるのです…。それは…

(最終回)

どうやら、植物偏愛主義の特集は今号で最後らしい。マジかよ。

ある意味ではこの「植物偏愛主義」が毎号楽しみで、だからこそ、リニューアル直後から定期購読してきたのですが…。残念極まりなし。

こうしてみると錚々たるメンバーというか、次代を先駆ける園芸家が登場しています。しかも、どちらかというとネット界隈で有名な人たち…。マニアックなところ突いているなぁなんて読んでいましたが、読者の方々はお気に召さなかったのでしょうか?

逆に言えば、たった2ページのなかにその人の人生をおさめるのも酷なハナシ。新企画は、もっと有益な内容を詰めようということ?それとも、単純に取材する労力がワリに合わなかったのでしょうか?

多くの園芸家の生きざまが1冊になったらいいのになぁ

おっと、いかん、いかん。ここらへんで詮索は終わりにしましょう。終了してしまうことに対して、僕らがどうすることもできません。

asiatic-lily-796896_1920

NHK出版さん。「植物偏愛主義」をもう少し掘り下げて、もっと多くの方を取材して、1冊の本か何かにしてくれませんかねぇ…(笑)。いや、NHK出版さんでなくてもいいです!誰か!誰かぁ~っ!!(笑)

仕方がない。それなら…(笑)。

この記事の脚注

  1. 僕が探せていないだけかもしれませんが… []
  2. ブログ拝読してま~す!モッコウバラの記事が好きで~す!! []
スポンサーリンク