ファミリーマートの野菜栽培キット『育てるヤクミ』を育てる。ドキドキワクワクの葉ネギ栽培記!

繁忙期の5月。遅くまで一人、職場で仕事をしていると腹がグルルと鳴る…。時計を見ればすでに夜の8時。何も食べていないことに気が付いて、ボケっとしながら近くのコンビニへ。

いつものカップラーメンとお茶を買い、レジへ並ぶと、新しいカップラーメンが山積みにされています。

「ん?野菜ラーメンかな?」

疲れで視界がかすんでいますが、よくよく目を凝らすと何か違う。いや、カップラーメンではない!正体はコレでした。

IMG_5793

ファミリーマートで販売中の野菜栽培キット「育てるヤクミでした…。

ファミリーマートで購入した野菜栽培キット「育てるヤクミ」を育てる

夏は「ネギ」の需要が高まる

価格はおよそ500円。気づいたら、カップラーメンと一緒にこの栽培キットがレジ袋に入っていました…。購入したのは「葉ねぎ」です

実は、毎年この時期になると、新鮮で根の付いている葉ネギをスーパーで購入し、庭にそのまま植えています。というのも、納豆やソバ、そうめんなど、この季節は薬味としてのネギの利用が格段に増えるから。詳しくは、3年前の記事をご覧ください

夏バテにも効く!納豆の薬味に使うネギをエンドレスに収穫したい…。

2013.07.28

葉ネギをそのまま植えるのもいいけれど、タネから育てるのも面白そうです。

「育てるヤクミ」キットの中身

そして、5月中旬のこと。買ってきた栽培キットの封を開け、さっそく下準備をはじめます。

中身はこんな感じ。

P5180034

ざっと記すと、

  • 取扱説明書
  • 葉ネギのタネ
  • 膨らむ土
  • 肥料
  • 鉢になるカップとそのフタ

の5つです。

土をほぐす①
カップのフタは重要!

まずはカップの下に、カップのフタを敷きます。そう。このカップのフタ、何気に捨ててしまいそうですが、かなり重要な役割を担ってくれるのです。その理由は、

  • 膨らむ土を膨らますときに、大量に必要となる水を受け止めてくれる
  • 発芽後、土は常に湿った状態にする必要があり、水を張っておくことで保水性が高く保たれる

などがあります。なので、捨てないように!

土をほぐす②
ほぐすための水は、土1:水1くらい

カップの下にフタを敷いたら、カッチカチに固まった土をカップに投入。

P5180037

今回は水で膨らませます。以前、カーネーションの栽培キットでも同様の土を膨らませているので、コツはバッチリ押さえています。それは、膨らむ土は大量の水を要するということ。感覚的には土1に対して、水1です。そのくらいの水を含ませてやっと、柔らかくなってくるのです。

チロルチョコ「愛の鉢植えセット」を買いました!さっそくカーネーションのタネを蒔いてみましたよ!

2016.05.07

それを踏まえ、いざ注水!

P5180040

生き物みたいに、どんどん膨らんでいきます…(;’∀’)

P5180041 P5180044 P5180049

実に楽しい!

土をほぐす③
割り箸よりフォークが便利

ある程度膨らんで来たら、水をつぎ足しながら、ほぐしていきます。僕の場合、カーネーションの時と同じように、フォークでかき回します。このとき「割りばしが良い!」と他ブログで言及している人がいますが、この状態ではまだ土が固いです。力を入れすぎると箸が折れるし、普段使い慣れているフォークのほうが断然、ほぐしやすいですよ(*01)

P5180051P5180053

種をバラまくという選択

ほぐし終えたら、あとは種まき。説明書には、

10~20粒ほどバラまきするか、等間隔の4~5ヶ所に5粒程度点まきします。3~5㎜程度に薄く土をかけて軽く押さえます。

とあります。僕はバラまきを選択

P5180057

写真には種が見えていませんが、これで播種終了です。

P5180058

「育てるヤクミ」の成長過程

播種から約1週間後

種まきから1週間もすれば、どんどん発芽していきます

P5230086

発芽したあとのスピードって早いです。朝には何もなかったのに、仕事から帰ってくるとポツポツと芽が出ていたりして。じ~っと観察していれば、なんだか超低速で動いているかのようにも見える!

P5230089

播種から8日後

さらに種まきから8日後にはコレ!

P5260091

種の殻を帽子にしたその姿が可愛らしく思えてきて、ちょっと時間ができたらすぐに観察…。早く伸びないかと置き場所を考えてみたり、鉢底の水を排水したり…。

もうすぐ30歳のおっさんでもワクワクしてしまうので、小学生など、子供の情操教育にはピッタリかも!ベランダやキッチン横の窓でも栽培できるのも良いところです。

播種から半月後
僕が気を付けたこと

そんなこんなで、栽培から半月ほど。

P6050042

だいぶ伸びてきました。

栽培に気を付けたのは、とにかく水を切らさないこと付属の膨らむ土は保水性が高いので、あまり心配は要りませんが、この土のデメリットは土が乾くとキュッと収縮して固くなります

そうなると、根が損傷してしまうのか、一気に枯れ出します。水やりを忘れても、そうなる前にしっかり水を与えていれば大丈夫です。僕の場合は1日1回、出勤前の朝に水やり。もちろん、フタに溜まった水はその都度、捨てました。

また、東側のあまり直射日光が入ってこないスペースに置きました。後ろにチランジアがあるとおり、あまり日が強いと葉焼けしてしまいそうなので、半日陰な場所に置いています

播種から1か月後
肥料を与える

さらに1か月後。

IMG_5950

葉ネギの茎も太くなり、後方にあるチランジア・キセロの高さを越してきています。この頃になると、付属の肥料を与える必要があります

P6190005

説明書には、

土には初期生育に必要な肥料分は含まれていますが、タネまきから30日を目安に付属の肥料(マイガーデン ベジタブルS)を土の表面にまいて下さい。長く栽培が楽しめて収穫量が増えます

とあります。すでに1カ月経ちましたので、先日肥料を与えました。

P6190011

この肥料の良いところは、すでに1回分の分量で調整されているところ。とくに何も考えず、種を蒔いた時のようにバラマキました(*02)

播種から1カ月と1週間後
現在の葉ネギの様子

そして現在の葉ネギの様子。

IMG_5985

再びの説明書には、

草丈が25~30㎝程度まで伸びたら、株ごと抜き取って収穫するか、5㎝程度残して刈り取り収穫すると、再び葉が伸びはじめて長く楽しめます。

とあります。ただいまおよそ20㎝くらい。僕は葉を切って収穫しようと思います。ただ、食べるにはちょっと細いかな…(笑)。

IMG_5987

そうめんやソバなど、夏に食べると格別に美味い食材が多くなってくる頃です。まだまだ収穫サイズには及びませんが、与えた肥料の力でグンっと生長を加速してほしいもの。収穫が待ち遠しい!

この記事の脚注

  1. ボケっとしていると、かき回したフォークをそのまま口もとへ運んでいきそうになるくらい、使いやすい []
  2. 本来固形肥料は株の近くは避けて、鉢の片隅に肥料を設置するのがセオリーですが、この鉢の場合、容量が小さいので、とくに気にせず肥料をぱらぱらと全体的に蒔きました []
スポンサーリンク