小田原フラワーガーデンで多肉植物をみられる場所があるのを知っていますか?「展示温室」という穴場スポット!

小田原フラワーガーデンは知っていても、この場所に気がついていない人も結構いると思います。

『展示温室』という穴場スポット

DSC_7718

「展示温室」ってどこ?入っていいの??

僕もはじめは、この場所に入れるのだとは知りませんでした。一見、関係者以外立ち入り禁止の温室なのかなぁ?と思うくらい影の薄い場所

onsitsu

ある日、展示温室付近に咲く「フジ」の写真を撮っていたとき、この温室の中に入っていく人たちをみて知ったのです。「あっ、ここ入れるんだ!」と。そのくらい、あまりアナウンスされていません(*01)

この季節は保温のために入口を締め切っているので、入りづらさはMAXですが、気にせず入っていきましょう。

多肉植物をみられる貴重な場所

個人的にはこの展示温室、なかなかの穴場だと思っています。なんていったって多肉植物が植わっているから!

DSC_7724

箱根・芦之湯の温室が潰れてしまったいま、神奈川県西地域で多肉植物を展示している施設はここくらいしかないのではないでしょうか。いわば最後の砦。

数は少ないですが、どこかで見たことのある札と一緒に多くの種類が見られたり、

DSC_7719

大きなパキポディウムの恐ろしい棘や

DSC_7726

ハナキリンの幹のらせん模様など、

DSC_7734

家庭で栽培している植物の何倍もの大きさに育ったものや、その特徴などをみることができるのです。ウチの多肉はまだこうはなっていないなぁとか、勉強になるし、発見もある

熱帯の植物もちょっぴり味わえる

さらに「スイレン」や「パパイヤ」などの熱帯植物も観察できます。

DSC_5424DSC_5419

数年前、水槽のメンテナンスをしているところに遭遇したことがあるのですが、水を抜いて鉢を取り出し、かなりの重労働

DSC_5372

ここまでやっているのに、せっかく来たお客さんに知られないのは、あまりに勿体ないこと。そう思い今回、ここに記しました。

フラワーガーデンに課された「有効利用」

また、来年2016年4月1日からの指定管理者が西武造園さんに継続となりました。その審査後の要望にも

バックヤードの温室を更に有効利用できるよう工夫してください。

引用元:小田原市 | 「小田原フラワーガーデン」指定候補者の選定

とあります。バッグヤードの温室とはおそらく「展示温室」を指しているのではないかと思うのですが、工夫次第で楽しい空間になるはず(*02)

トロピカルドーム温室もみるべし!

そして、言い忘れていましたが、この「展示温室」は入場無料。園内の散策がてら熱帯植物をちょっぴり味わえます。

DSC_5415

ただ、せっかく来たのなら、入場料の必要な温室もみていってください。僕も1回だけ展示温室だけみて帰ったことがあります(笑)が、それだけみてもつまらないし、温室が潰れても困るので、なるべくトロピカルドームにも足を運ぶようにしています。

DSC_7780

今後、どのような運営をされるのか気になるところ…。引き続き、「行きつけの植物園」を応援していきたいと思います!

この記事の脚注

  1. 入場料をとれる「トロピカルドーム温室」に入ってほしいからなのかもしれませんね… []
  2. いま植えてあるカクトロコさんの多肉植物が大きくなっていく過程をみるのも面白そう。普及種が主に植えられているので、家庭で栽培されている植物が大きくなるとどうなるのかとか、そういったものを垣間見れるのは良いことかもしれません []
スポンサーリンク