ざぶん。葛飾北斎の絵を彷彿とさせる花のかたち

こんな花が木陰に揺れていました。

どうやら、タツナミソウという花らしい。
種類が多く、同定するのは難しいそうです。

花の形が独特で鑑賞用に栽培されるものもある。日本産の多くの種が、筒状で先が膨らみ、上が丸く膨らんだ花をつける。また、その基部は横に出てすぐに上を向いて曲がり、その先端はまた水平に開く。そのような花が穂状に多数付き、同じ方向に向いて花を咲かせる姿が波頭の文様を思わせることから、この名が付いたものである。なお、花がまっすぐに水平に伸びるものもあり、それらはナミキソウといわれる。

変異が多く、種の同定はむずかしい場合もある。

引用元:タツナミソウ – Wikipedia

たくさんの花がついていて、小さいながらも結構派手。

波を連想させるといわれれば、そう見えます。

と、同時に葛飾北斎のあの絵を彷彿とさせますよね。
「神奈川沖浪裏」です。
富士山をバックに撮ったら、それにしか見えない。

葉は、シソ科らしい形。

地味ではあるけれど、かわいい。
観賞用に栽培されている種類とは、どのようなものなのでしょうか。
気になります。

スポンサーリンク