「お役立ち資料集」のコーナーを更新&新設しました!ぜひご利用ください。

ご注意
現在、この記事を書いた当初よりページ構成が変わっています。お役立ち資料集はこちらよりご覧ください。

最近「お役立ち資料集」のページをカスタマイズしました。このページをつくったきっかけはズバリ、僕が使うから。でもひとりで使っていても勿体ないので、なるべく他の方にも知ってほしい…。

お役立ち資料集の中身は…。

ありがたいことに、このブログを観に来られる方も増え、続けていればナントカなるかな?と感じています。ただ、前述の「お役立ち資料集」にまで行きつく人があまりいない。それはこのブログの仕組みに問題があるのだろうし、内容に欠点があるのかもしれない。そう思い立ち、若干の変更を加えました。

botanicalog.net p 2800 preview true

以下、このページの各コーナーを紹介します。

「植物ニュース」コーナーの紹介

Googleニュース」の「植物」と「園芸」をキーワードに、ニュースを取得する「植物ニュース」コーナー。

植物ニュース ボタニカログ

いまどんなニュースが巷にはあるのだろうかと、暇つぶし程度によく使っています。たまに植物イベントの情報が転がり込んでくるので、僕の重要な情報源でもあります。

「いま売れている植物の本ランキング」コーナーの紹介

そしてこのたび、新しく追加した「いま売れている植物の本ランキング」コーナー。

いま売れている植物の本ランキング ボタニカログ

これはAmazonの「植物学カテゴリー」からデータを取得しています。わりと毎日、順位が大きく変動するので、ちょっと売れただけでも売れ行きに大きく左右されるのかな?と勘ぐってしまいます(*01)

今後は…。

と、現在2つのコーナーしかありませんが、今後も増やしていく予定。「あっ!これは便利!」と思ったり追加したい情報があったら新コーナーをつくります(*02)。また、見やすいようにカスタマイズも…。

ぜひぜひ、ご利用ください。

追記:2014年11月29日

「いま売れている植物の本」コーナーは、順位などが分かりやすいように、アマゾンランクレットさんのブログパーツを埋め込みました。

追記:2016年3月16日

ページ構成が大きく変わっています。お役立ち資料集はこちらよりご覧ください。

この記事の脚注

  1. 逆にあまり順位が変動しない本こそベストセラーなのかも。 []
  2. ほとんど自分の力で情報を発信してないので「みてください!」と紹介するのもなんかズルい。でも、なかなか便利だから紹介せざるを得ない []
スポンサーリンク