薬草と言われれば、確かにありがたそう

久しく1日まるまると休めた。
大型連休とは、何が休みになるのでしょうか。

午前中は家でゴロゴロと過ごし、午後から秦野の震生湖へ。
そこで、こんな花を見つけました。

DSC_5866

花は小さく、3センチくらい。
はじめ、葉のギザギザ感、花の形からスミレの何かかと思っていました。
が、「日本の野草・雑草」という本(詳しくはこの記事を参照)を読むと、それは間違いであることを知りました。

この花はカキドオシという、つる性の多年草だそう。

DSC_5868

震生湖を一周ぐるりと回りましたが、この花を見つけたのはここだけ。
子供の癇をとる薬として使われてきたことから「カントリソウ」とも言うらしいです。
検索すると「薬草」としてのカキドオシがずらりと出てくる…。

追記:2013/04/30

当ブログは本日からスマートフォンに対応しました。
ただ、設定方法が分からないため、今後仕様が変わる場合が(おおいに)あります。
その点、ご了承ください。

日本の野草・雑草―低山や野原に咲く471種 (ポケット図鑑)
posted with ヨメレバ
日野 東,平野 隆久 成美堂出版 2000-04

スポンサーリンク