浜名湖花博2014会場のガーデンパークで見かけた、恐竜のツメみたいな花

花博会場のガーデンパーク。ここに架かる「かえで橋」の横に、妙に赤く派手な花が咲いていました。

DSC_2678.JPG

橋を渡るのをやめ、正面に立ってみる…。

DSC_2676.JPG

花びらがやたらに落ちて、落ちた花は「トウガラシ」に見えるのです(笑)。

DSC_2673.JPG

近づいてみると、何だか「龍の指」みたい…。描かれた竜の指って、大抵こんな形をしていませんか?

DSC_2672.JPG

気になって調べてみると、これがなかなか正体を掴めない。やっと名前を知ったのは1時間くらいネットを泳いだあと。「サンゴシトウ」というらしい…。

さらに名前の由来は、花がサンゴの色をして、枝や葉に「トゲ(刺)」があるうえに、樹の全体が「桐」に似ていることから「珊瑚刺桐」と呼ばれるそうです(*01)

DSC_2671.JPG

ネットでもこの「サンゴシトウ」が販売されていますが、多くは完売。僕の住む神奈川の庭木ではあまり見ないので、ちょっとした自慢ができるかも(*02)

DSC_2675.JPG

僕の「いつか育ててみたい樹木」のひとつに選定しておこう!

この記事の脚注

  1. 「トウ」とつくから唐辛子に所以があるのかと思いましたが、違うみたいです…。 []
  2. 比較的耐寒性があるので、関東以西の地域なら防寒対策によって栽培できるとか。 []
スポンサーリンク