モッコウバラからはじまる妄想

いま、モッコウバラがあちらこちらで咲いています。
黄色い花をこれでもか!というくらいくっつけて、まぶしいほど。

a0960_001630_m

僕の家の周りにも露地栽培で咲いていたりして、癒される…。
と思いきや。
モッコウバラって結構大きくなるのですね。

a1380_000117_m

僕がよく読ませていただいているブログにも、モッコウバラが伸びすぎて、電線を切ってしまったと書かれていました。
Wikipediaにも、

性質は強健で、病気も普通のバラと比べると少ない。成長も早く、けっこう大きくなるので地植えにはそれなりのスペースが必要とされる。

野生種の起源は不明である。ノイバラの台木に接ぎ木してもよいが、挿し芽でも簡単に増やすことができる。
(中略)
基本的には剪定はしない。行灯仕立てで販売されることがあるが、上述のように成長は極めて速く大きくなるので栽培は難しい。また、白花は黄花より開花が若干遅く、芳香性を持ってはいるが黄花ほど多花性は無い、成長も黄花に比べるとやや遅い。

引用元:モッコウバラ – Wikipedia

とあります。

一瞬、育ててみたいと思いましたが、我が家の庭にはそれほどのスペースはありません。
いつか、爛漫と花を咲かせたモッコウバラを育てられるくらいの庭を持ちたい…。
そしてオープンガーデンにして、週末にはちょっとしたカフェにして…。
妄想は止まりません。

スポンサーリンク