お世話になってます!東和コーポレーションさんのガーデングローブ「ウィズガーデン」

僕が園芸店で働いていた時のこと。使っていたのは専ら「軍手」でした。

安いし、すぐに捨てることのできる軍手を、何度も洗ってまた使う。ところが、使っているうちに穴が開いて、指が飛び出る。さらには、濡れたものを触ると重くなって気持ちが悪い!冬は特にきついのです。さらにさらに、梅雨の時期なんて洗い忘れたら匂いが…。

以来、園芸店に行っては手袋を探しました。

ある日のこと。小田原の園芸店で「ウィズガーデン」のガーデングローブを発見。みると、指先にまでコーティングがされており、破れにくそうな素材。一目で気に入り、買いました!

かれこれ3年ほど使っていますが、未だに現役。

DSC_0928.JPG

使用頻度によるとは思いますが、なかなか丈夫です。以下にこのガーデングローブのいいところを記録します。

丁度いいフィット感

欧米サイズなので、僕にはMサイズがピッタリでした。きつくもなく、ぶかぶかでもないので、手を動かしやすい。甲の部分がメッシュ素材なのも、その要因かもしれません。細かい作業の多い土いじりには持って来いです!

DSC_0935.JPG

水がしみにくい

切花を扱うと、軍手ではびしょびしょになっていしまいます。そのため、ゴム手袋をはめて作業をする方も多いのでは?しかし、このガーデングローブは水の染み込みが少ないのです。

DSC_0938.JPG

実は、2月の大雪の後、非常に重宝しました。積もった雪を払うため、スコップを使ったのですが、手への負担が大きいうえ、軍手では濡れてしまう…。けれど、このガーデングローブのおかげで、手にマメをつくることなく作業を終えることができました。

DSC_0936.JPG

突起に強い

また、僕はサボテンも栽培しています。軍手でもいいのですが、トゲは生地を突き破り、容易に刺さります。でも、このガーデングローブであれば、接触面が厚いゴムで加工されているので、そう簡単にはとげが刺さりません。

DSC_0939.JPG

園芸店では何度、薔薇の花に泣かされたことか…。はやくこのグローブを知っていれば…。

それほど高くはない

この記事を書こうと思ったのは、以前記録した「フラワー&ガーデンショウ」に、販売会社の東和コーポレーションさんも出展されていたからです。そこで、この「ウィズガーデン」を他に2つ購入(*01)させていただきました。

DSC_0940.JPG

店員の方に「このガーデングローブにはお世話になっているんですよ」と話すと、大変喜んでくださいました。いやいや、嬉しいのはこちらです。なんて言ったって、特価で買えたのですから…(笑)。

ただひとつ、デメリット

僕は手に多量の汗を掻きます。なので、長時間使用していると、手のひら側や指の部分がムレてきます。ただし、軍手をしていてもムレるし、僕の個人的な身体的特徴なので、他の方々には問題ないかと。

とはいえ、今後も非常にお世話になるはずです。

DSC_0941.JPG

軍手も決して悪くはないのですが、長く、そして便利に使えるのは、こういったガーデングローブであると、僕は思います。

この記事の脚注

  1. 下画像参照。赤と青 []
スポンサーリンク