カーサ・ブルータス「植物と暮らす 完全マニュアル」3月10日発売!いや、買うでしょ。

ぼけぇっと歩いていると、とある施設の広告に「植物」と書いてあった。ライフワークにしている情報集めのせいで「植物」という文字に敏感に反応してしまう。

読むと「植物と暮らす 完全マニュアル」と書いてある。

以前、似たようなタイトルでブルータスの特集があったよな…。と思っていたら、今度は「カーサブルータス」。カーサでの特集だから、ランドスケープとかインテリアグリーン関係の内容でしょうか。ホームページの特集内容には

Complete Botanical Manual
植物のトレンドのすべてがわかります

植物と暮らす
完全マニュアル

いま、ライフスタイルのキーワードは「植物」。
植物との関わりがここのところとても身近になっています。
庭作りはもちろん、建築もファッションも植物なしでは語れません。
クリエイターは庭作りに夢中だし、ニューヨークのハイラインを
手がけたランドスケーパー、ピート・オドルフには
世界中からオファーが殺到するほどの人気です。
駅構内にも高速道路のジャンクションにも緑は欠かせません。
そこでカーサは植物の最新のトレンドはもちろん、
花図鑑から植物園などの見るべきデスティネーションまで
植物と暮らすための完全マニュアルを作りました。

特集の内容です!

●世界3大ランドスケーパーに学ぶ庭の作り方。
●クリエイターの庭自慢。
●ボタニカル・デスティネーション。
●ガーデングッズ・カタログ。
●春夏秋冬 Casaナーサリー。この植物を狙え!

その他の特集です!

Fashion
BOTANICAL LOOK BOOK

Food
おいしく飲むための「日本酒の教科書」。

参照:『アンディ・ウォーホルは何を遺したのか!?』Next Issue No. 169 2014年4月号は3月10日発売! | カーサ ブルータス (Casa BRUTUS) マガジンワールド

とあります。読みたい!発売は3月10日。早く10日にならないか、待ち遠しいです…。

そういえば、先にも挙げた「ブルータス」の2012年8月15日号。

DSCN02052.JPG

書店で見つけたのにすぐには買わず、しばらくして欲しくなりました。慌ててネット書店を巡りましたが、どこも在庫切れ。やっぱり植物は流行っているんだぁ、と実感しました。その後、定価よりも高いものを中古で購入(*01)

内容は、あのプラントハンターの清順さんや、熱帯植物・多肉植物関係などの有名人が多数掲載。わりと多肉界隈の情報が豊富だったので、興奮しながら読んでしまいました(*02)

DSCN0206.JPG

似たような植物特集をする雑誌はあまりなく、いまでは僕の宝物の一冊です。

BRUTUS (ブルータス) 2012年 8/15号 [雑誌]
マガジンハウス (2012-08-01)

そして、今回の「カーサ・ブルータス」。読んでみないと何とも言えませんが、きっと耳寄りな情報が満載だと思います。10日の僕への連絡事項。絶対買え。絶対読め。

この記事の脚注

  1. この記事の編集時点で、アマゾンの中古には定価よりも安い商品があるようです。気になる方は是非 []
  2. おかげで誌面はヨダレでべちゃべちゃ…(嘘) []
スポンサーリンク